グラノーラは朝に欠かせないアイテム|手軽に栄養補給

このエントリーをはてなブックマークに追加

特徴と体への働き

栄養補助食品

起こりえる副作用

サポニンは天然由来成分なので、生死に至るほど重篤な副作用はないです。ただし、重篤ではないですが、サポニンを取ることによって起こりやすい副作用がいくつかあります。サポニンには強力な溶血作用があります。そのため、ケガをして外傷を負ったときに、血がなかなか止まらなくなる場合があります。サポニンには肝臓で作られるコレステロールの値を下げる働きがあります。コレステロールが下がると心筋梗塞や脳梗塞を予防できます。しかし、サポニンは悪玉コレステロールと一緒に善玉コレステロールも下げてしまいます。善玉コレステロールは動脈硬化を防ぐために大事なコレステロールです。ウォーキングや体幹トレーニングなどをすれば善玉コレステロールを増やすことができます。

高麗人参のジンセノイド

高麗人参に多く含まれているのがサポニンです。高麗人参は昔から健康や長寿や美容のために使われていた漢方ですが、それはサポニンの働きが強いからです。サポニンは大豆、ごぼう、あずきなどにも含まれていますが、高麗人参のサポニンは品質がよく量や数が豊富で強い効果があります。高麗人参だけに含まれるサポニンのことをジンセノイドということもあります。ジンセノイドには、肥満を予防する効果、コレステロールを下げる効果、血行を良くする効果、免疫や肝機能を高める効果などがあります。ホルモンバランスを調整して女性ホルモンを増やす効果もあるので、更年期障害にも効果があります。健康や美容に大きな作用をもたらしてくれる万能の成分です。